Home > トルネード第十戦(超アウェイを終えて)

トルネード第十戦(超アウェイを終えて)

  • Posted by: tatsumi
  • 2009年5月20日 15:11

トルネード第十戦(超アウェイを終えて)

Kankakee Soldiers
Holland Blasts
Grand Rapids Flight
この3チームと2ゲームずつ、8日間の滞在で6試合、ハードでした。
しかしトルネードのメンバーは、見事に無事このロードを戦い抜きました。
多少の怪我や疲れはありますが、ハードなスケジュール、ハードな戦いだったわりには、皆元気です。
タフになりました。(笑)
大したものです。彼らの適応力には頭が下がります。

ゲームの結果はというと下記の通り、それなりの形が見えてきた結果だと思います
Kankakeeとの第一戦は152対97で55点差、しかし第二戦は141対125で16点差
Hollandとの第一戦は150対92で58点差、しかし第二戦は148対93で55点差
Grand Rapidsとの第一戦は153対92で61点差、しかし第二戦は110対87で23点差

よく見ると分かりますが、この3チームとのゲームの結果、全ての第二戦は、第一戦より結果が良くなってます。
このロードがスタートする前に、トルネードはご存知の通り4試合を既に消化してました。
そしてその4試合では、田村選手の爆発的なシュート力が火を噴き、IBLの各チームにトルネードに田村有り・・・と印象つけました。

その結果、この超アウェイ(ロード)では、田村選手が完璧な相手のマークに合う事となり、彼自身もチームとしても苦しいスタートになりました。
しかし、ネガティブにばかり考えてはいられません。
そこで、チームとしてももっともっと10ポイントのスペーシングオフェンスの精度を高め、ビッグマン不在の欠点を無くし、どこからでも誰でも攻撃できるように修正を図りました。
そこで頭角を現しだしたのがユウこと奥本選手、大男の中で器用なレイアップやゴール下シュートを決めたり、身長差を感じさせないリバウンドをしてくれたり、縦横無尽の大活躍でした。

その奥本選手のプレースタイルのお陰で、これまで身長差を異常に意識していた他のメンバーも大分考え方が変わってきて、ドライブイン、ドライブからのパスアウト、ハイポストでのポジション取りからのシュートなど日本でしている普段のプレーが自然とでるようになり、肩の力の抜けたシュートが逆に良い結果を生めるようにもなりました。

ディフェンスも上記の結果が示すようにチームディフェンスの徹底が少しずつ出来るようになり、失点が随分すくなく出来るようにもなりました。
それは、皆で下記のチームディフェンスの約束事を守るようにしているからです。

  1. ボールマンへのプレッシャーはウイークサイドから
  2. ヘルプサイドのディフェンスは、しっかりとボールによりペイントへのドライブインやぺネトレイトを阻止する
  3. ローポストディフェンスは、相手の前に出る、そして後ろのディフェンスは、パスカットを狙う
  4. ピック&ロールは全てスイッチ、スイッチ後のボールマンに対してのディフェンスは、相手の手元を抑える様にピックアップする
  5. NBAの3ポイントラインあたりでのボールマンへのディフェンスは、ボールを触る位置をキープした間合いでプレッシャーをかける

など・・・・・

IBL(アメリカ)のチームの戦い方、そして選手の特徴が、随分と分かってきました。
この6連戦のお陰で。

この後は、西海岸へ帰り、Tacoma、Canada、Oregon、Yamhillと初めてのチームとのゲーム5戦と以前ゲームした事のある、Snohomish、Vancouber、Central Oregonとの3戦の合計8戦があります。

その残りのゲームを、超アウェイでつかんだスキルと自信とチームワークで、もっともっと質の高いトルネードバスケットを展開し、トルネード旋風を巻き起こそうと思います。

IBLの各チームをスカウティングして作ってきたチームの約束事。
質を高め、次へ挑みます。

応援よろしくお願いします

西田

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.jbadreams.com/mt/mt-tb.cgi/857
Listed below are links to weblogs that reference
トルネード第十戦(超アウェイを終えて) from Tatsumi Blog

Home > トルネード第十戦(超アウェイを終えて)

Search
Feeds

ページトップへ戻る