Home > コーチ・カーター

コーチ・カーター

コーチ・カーター 第1回



コーチ・カーター公式webサイト

http://www.cc-movie.jp/



見ました。コーチ・カーター

多くのバスケットボールファンの間で、良く話題にされる事実を元にした映画。

ついに見ました!!



とても良いです。

是非、見て下さい!!



この作品では、バスケットボールをやって行く中で、5つの事を伝えています。

1、ルールを守ること。

2、チームとして考えること。

3、相手チームに敬意を払うこと。

4、勉強も頑張ること。

5、親子の絆。




【1、ルールを守ること】

カーターは、故郷の自分の出身校(高校)のコーチに就任します。

カーターが在籍してた時は、素晴らしい記録を残していました。

しかし、時がたち今では、弱小チームとなり、土地柄の影響もあるせいか、いわゆる『不良』の集まりのチームになっていました。

カーターは、就任直後、選手たち、その保護者と、契約を交わします。

●学業で一定の成績を修めること。

●授業は、一番前の席に座ること。

●試合の日は、ネクタイをつけること。

●汚い言葉は使わないこと。


などなど、バスケットボールに直接関係のないことをほとんど。

ルールを守れなかった者は、厳しくペナルティを課せられます。

そんな、窮屈なバスケットに嫌気がさして反発し、チームから離れていく選手もいました。



【2、チームとして考えること】

カーターは、常にチームに連帯責任として、責任を取らせます。

ルールを守らなかったら、全員で、ダッシュ500本、腕立て500回は、当たり前。

ある時、チームから離れた一人の選手が戻ってきました。

コーチに、

『どうすれば、チームに戻れますか?』

チャンスをくれました。

到底不可能な回数の、ダッシュと腕立て伏せを数日で行うこと。

選手は、無理とわかっても、ひたすらに走り、ひたすらに、腕立てをしました。

期限の日、ダッシュ500回、腕立て500回足りません。

コーチから、非常な一言。

『帰りなさい』

選手は、落胆します。

そこで、チームメイトが、

『コーチ俺たちが、代わりに走ります。チームですから。』



ここ感動します!!

コーチのチームに求めるものが、伝わっていくところです。



ルールを守ることで、迷いがなくなります。

バスケットも同じです。

チームで決められたルールを守り、チームの意識を統一し、試合に勝利する。

まずは、意識の基礎固めが大切です。

それは、チームプレーに繋がります。

ルールを破ったら、チームで責任を取る。

結束力が高まります。



今日は、この辺で。

次回、更に詳しく♪



是非、DVDでご覧ください。

お勧めです!!



あっ、ここまでだと、鬼コーチってイメージかもしれませんが、カーターは、素晴らしい教育者でもあります。

次回のブログをお楽しみに〜。


NEWS一覧

Home > コーチ・カーター

Search
Feeds
Mobile
QRコード

ページトップへ戻る