Home > JBAからのお知らせ > | コーチ研修会 > 第6回コーチトルネード(アメリカコーチ研修)終了しました。

第6回コーチトルネード(アメリカコーチ研修)終了しました。

第6回コーチトルネード終了しました。

目指せ世界基準!
そのためには、一人でも多くの指導者に世界の基準とは何かを見つけ出してもらうこと、それを第一に考えコーチの研修会を始めて6年経ちました。

そして今回、私自身も、日本が世界を目指す為に何をポイントにしなければいけないか?
その発見がようやくできました。

誰しも憧れるNBAのステージ。
そのステージに、何時日本人が立つことが出来るのだろう?
そしてそれはどうやったら立つことができるのだろう?

この研修会は、そのことを紐解くようにコーディネイトしました。
そしてこの研修会終了後には参加者の皆さんが、日本人がどうやって世界を目指すのかが、はっきりと見えてくるようにもコーディネイトしました。


それではその内容を下記の順で説明します。
1、プロ→2、大学→3、高校→4、ジュニア→5、ビジネス

1、プロ
NBAのゲーム観戦とNBAの運営やチーム状況のレクチャー
20120208_2294649_t.jpg 20120208_2294694_t.jpg

2、大学
20120205_2291754_t.jpg 20120205_2291755_t.jpg
NCAAディビジョン1が、どのように運営され、アメリカ国内のアマチュアスポーツとしてどんな位置づけにあるのか?
その辺をワシントン州立大学のゲームを観戦しながら、ヒロナカコーチから必要な情報を引張りだします。
20120205_2291757_t.jpg 20120205_2291756_t.jpg

3、高校
高校生でバスケットをやる意味、それも真剣にやる意味。
それは、NBAの選手になれることを目指すだけが目的ではありません。
自身の人生をしっかり築いて行くために、良い大学に入ることを多くの選手や親が熱望しています。
そのために大事な高校時代、もちろんしっかりと勉強も頑張ります。
401257_317888781597164_100001281347995_982037_936647190_n.jpg

4、ジュニア
育成を目的としたクラブ活動は、子供達をのびのびと育てます(SASC)
20120209_2295909_t.jpg 20120211_2297874_t.jpg
Seattle Asian Sports Club

強化を目的としたクラブ活動は、しっかりとした目標を掲げて、楽しさの中に厳しさも教えます(ECBA)
「輪/和」を重んじる日本、それも小さい時から。でもそれが「個」を見失いがちになる。
数学は、足し算に始まり、掛け算、因数分解と一つ一つ積み重ねて行く、そのようにバスケットも1人~1対1、
20120213_2299515_t.jpg
そして2対2、3対3と、一つ一つ積み重ねながら5対5になるように持っていけば、「個」を尊重し「輪/和」となることが良く分かるはず。
チーム(輪/和)を作る為には、もっと「個」を知る必要がある。
その発見
20120214_2301241_t.jpg

5、ビジネス
スポーツ文化を支えるビジネスは、日本とどれだけ繋がってるのか?
アメリカを本社とする大企業がどれだけ日本の影響をうけているのか?
それを知ることで、日本人ももっともっと元気になれるはず。
日本人の文化やマインド、勤勉さなどが、世界的企業に及ぼしている影響なども見ながら、日本人としての世界基準のあり方を見直したり、再確認します。
ジャンプ力やスピード、パワーなど、体が先天的に劣ってる部分があっても、日本人らしくバスケットボールのIQを高め、世界基準のプレーヤーが日本から出れる可能性を発見できます。
世界的企業のNIKE本社やスターバックス本社、そしてボーイング社などを訪れ、世界的企業に日本人や日本が及ぼした影響を見ながら、日本人の世界へ向けたポテンシャルを発見します。
20120213_2299559_t.jpg



我々のパートナーに見る日本人の可能性を確認
しかし我々のパートナーは凄い!

@Emerald City Basketball Academy
20120211_2297868_t.jpg
身長差には技で、パワーにも技で、スピードにも技で。
根性や気合、気持ちを優先させる日本人には、わかりにくい言葉。
でも「柔よく剛を制す」と言えば分かりやすいと思います。
Emerald City Basketball Academy 代表コーチ ジェイソン・バスケット(Jasen Baskett)は、アメリカに居ながらどこか東洋の指導理論を導入。
そして見事、この10年で多くの選手を大学やNBAに排出し、無名からのし上がった根っからのコーチ
指導に理論や裏付けは必要ですが、指導するときに多くの言葉は必要ありません。 20120213_2299516_t.jpg 
20120217_2303794_t.jpg


@CyberSports/Hooptactics
20120213_2299511_t.jpg
分析!と聞くと、どこか学者的で根性や気合を重んじる日本人にとっては、軽視されがち。
しかしCyberSportsのコーチウッズ氏は違います。
今や全米誰しも知っている分析ソフトのCyberSportsを駆使し、個人のチームに対する貢献度まで、データー化することにこだわる、根っからのコーチ。
選手の頑張りは何か?表向き得点やリバウンドなどで評価されがちの物を、バスケットとは何かを知り抜いたコーチウッズは、「個」の評価の細部までを表現できる分析ソフトを作り上げました。
20120213_2299513_t.jpg 20120213_2299512_t.jpg
参考:2012年バスケットの殿堂、ナイススミス・スポーツマンシップ賞(過去にはオスカー・ロバートソンやマイケル・ジョーダンが受賞)に輝いた、歴史上唯一の選手以外のバスケット人ヘリー・キングさんがCyberSportsを使ってチームに貢献し続けた。ということでもCyberSportsの素晴らしさは、全米に鳴り響きました。
http://www.utsports.com/sports/m-baskbl/spec-rel/121510aaa.html


今回の研修会でも多くの事を学びました。
そしてより深く、人と人との絆が結ばれました。
一歩一歩、ぼちぼちと・・・でも確実に、日本のバスケット界が、世界基準になる日の為に前進してます。
世界基準の感覚を持った指導者が増えれば、世界基準の感覚を持った選手も増えます。
第6回を終了し、私の企画したアメリカコーチ研修会の参加者は、延べ30名を超えました。
一見、少ないようですが、0スタートからすると約30倍です。

これからもこの研修会の質を高めながら、継続していきます。
来年も更にパワーアップするでしょう。
企画する側としても、どんな研修会になるか、今からワクワクドキドキです。

最後に、この研修会に参加していただいた皆様、ほんとにご苦労様でした。
皆さんのお気使いの中、最高の時間を共に過ごすことが出来たと思います。
また、サポートいただいた方々にも、この場をお借りしてお礼を申し上げます。
最高の時間を、皆さんと共有し築けた事は、今後の日本バスケット界に大いに役立つ事だと確信しています。
これからも共に、後輩育成、環境の改善に努めましょう!

これからの皆さんのご活躍、期待しています。
コーディネイター Tatsumi Nishida

追伸:
このメンバーでこれからInternational  Basketball Leagueを運営します(オーナーシップ調印式photo)
20120210_2296507_t.jpg 
左からTatsumi Nishida / Gary Akiyama / Graf Sharleen comm. / Bryan Hunter 


BIG 感謝!
今回の参加者(研修生)6名
籠究塾 塾長(関西大学名誉教授)笈田先生
関西大学バスケット部 早川監督
早稲田大学院生 佐藤先生(大阪府教職員)
JBA愛媛 牧野コーチ
JBA熊本 東コーチ
プロプレーヤ- 飯島選手 

サポート9名
大阪商業大学バスケット部 樋口監督
S-Line LLC 西田すぐる代表
JBA副理事長 / JBA愛媛代表 広瀬コーチ
Akiyama Financial Services LLC CEOアキヤマ
Washington States University Mens Basketball Assistant Coach Hironaka
International Basketball League Owner Bryan Hunter / Tatsumi Nishida
Seattle Asian Sports Club  Vice president Kris Kawakami 
United States Basketball Academy CEO Bruce O'neil

研修会見学者2名
bjリーグ 阿部取締役
Creative LLC 新美代表
20120210_2296512_t.jpg

研修担当コーチ
CyberSports / Hoop Tactics CEO Coach Woods
Emerald City Basketball Academy Head Coach Jasen Baskett
International Basketball League Owner Tatsumi Nishida
 

主催:Dream7 LLC コーディネイター Tatsumi Nishida
後援:Japan Basketball Academy / Reach Your Dream of Hoops / RIB(一般社団法人 籠究塾) 

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.jbadreams.com/mt/mt-tb.cgi/1237
Listed below are links to weblogs that reference
第6回コーチトルネード(アメリカコーチ研修)終了しました。 from JBA News

Home > JBAからのお知らせ > | コーチ研修会 > 第6回コーチトルネード(アメリカコーチ研修)終了しました。

Search
Feeds

ページトップへ戻る